本日よりお雛さま特集がはじまりました

posted 2016/01/22

お正月気分からは一転し、桃の節句に向けて、各地から総勢11種類のお雛様が集まりました。今回から取扱いをスタートしました神戸の「須磨張り子」は、これから暖かくなる季節にぴったりの明るく華やかな色合いです。ちいさなスペースにも気軽における“豆”サイズからご用意しております。お雛様の優しい表情で仲むつまじく寄り添う姿には、ほっとさせられますね。ぜひ特集ページからご覧ください。
▶お雛さま特集

おにはそと、ふくはうち

posted 2016/01/20

暦の上ではもうすぐ春。立春が一年の始まりだと考えると、節分はその前日、大晦日にあたります。旧年の災難を祓い清めるため、鬼に豆を投げつけ「魔を滅する」これにより新年の無病息災を祈るといわれています。須磨張り子の「オニ面・おたふく面」は、5cmほどの小さなお飾りです。鬼は外へ追い出し、福は内に呼び寄せる。玄関など出入りのするところに飾るのはいかがでしょう。また、三春張子の「豆だるま」も「魔を滅する」縁起物としてこの機会にいかがでしょうか。

新年あけましておめでとうございます

posted 2016/01/07

代々木上原の上原銀座商店街にあります「ムギハナ」さんに毎年、正月飾りをお願いしています。今年は非常に重量のある大きな立派な松。中央にみえる怪しいものは「仏手柑」です。飾りをとった後はジャムにします。この仏手柑はムギハナ堀川さんのお気に入りで、どんな形状の飾りであろうとも毎年ついています。年末年始には多くのお客様にご注文をいただきました。ありがとうございます。今年も魅惑的な玩具達を探してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

UP