1. トップ → 
  2. 干支特集2020 → 
  3. 古もの子玩具 → 
  4. 小幡でこ

小幡でこ

Obatadeko

滋賀県の小幡でこは鮮やかな色彩が特徴的な土人形です。
約300年前、初代安兵衛は京を往復する飛脚だったといいます。しかし道中追い剥ぎにあう恐ろしさから転業を考え、当時人気が高かった伏見人形に目をつけその製法を習得、土産物として売ったのが始まりでした。そこから8代目文蔵の頃に、伏見人形とは対照的な鮮やかな色彩に変わります。その種類は500とも600とも言われとにかくたくさんあるそう。

内容 : 本体1個
サイズ : 約 120×90×65mm
素材 : 土
配送 : ゆうパック  ▶送料について
ギフト : ×  ▶ラッピングについて
熨斗 : ×  ▶熨斗について
型番 : nn-126

※こちらの商品は古もののため、多少のキズ、ほつれ、汚れがある場合があります。
予めご了承の上お買い求めいただきますようお願い申し上げます。

販売価格:¥2,750(税込)

数量 :
 ◀ 数量をお選び下さい

※複数個選択いただいても在庫がない場合がございます。また、同じ商品をまとめて購入される場合は事前にお問い合せください。

UP