道楽かん工房

 

岡山県倉敷市、かん工房・眞鍋芳生さんの張子は、一見、「張子」だとは思えないほど、表面に気泡の跡も無く、滑らかでしっとりとしたような質感が特徴的です。お話を伺ったところ、江戸時代の質を意識して、胡粉、膠、顔料、岡山県の重要文化財の備中和紙と材料から技術まで一切、手を抜かず、徹底的にクオリティを追求されています。アトリエガングにも明治時代の張子がありますが、質感がとても似ています。もしかすると日本一こだわりを持った職人さんかもしれません。

UP