江戸凧 〈小野庄凧店〉 東京都

江戸凧職人の小野さんは3代目で生粋の江戸っ子。おじいさまの代は、なんと年間30万枚も凧を作っていたそうです。全て手作業で、今ではその数には到底及びませんが、それでも年間1万枚の凧を作っていらっしゃいます。
工房には骨組みになる初霜時に伐採した青竹が積まれており、全て手作業で細く裂いていきます。紙は二つに折ると大の男でも破ることができない、とても丈夫な国産手漉き和紙を贅沢に使い、絵柄は代々伝わる木版多色刷り。絵柄は非常に鮮やかで発色が良く、そしてなによりも斬新。当時の風俗を取り入れた洒落ごころある図案はまさに江戸凧という感じです。
小野さんは高級な工芸品では無く、あくまでも遊べる「玩具」として、実際に大空に揚げられる凧作りを信念としていらっしゃいます。

虻凧 〈凧茂本店〉 愛知県

名古屋は全国でも有数の精巧な和凧の生産地ですが、現在、市内で凧を作っているのはわずか二社。そのうちの一つが凧茂さんです。世界中でBee Kiteとして有名な「あぶ凧」は、揚げたときにぶんぶんとうなりをあげるのが特徴です。その造形の美しさは飾っておくだけでなく、大空に映える様を楽しみたいですね。

孫次凧 〈カイトハウスまごじ〉 福岡県

明治末期、福岡県北九州市戸畑の竹内孫次氏が自分の遊び道具として作ったのが始まりで、空高くよく揚がるので評判となり、創始者の名前がそのまま「孫次凧」という呼び名となりました。
特にセミ凧がよく知られ、その鮮やかな色づかいは人気があります。骨組みには自然乾燥させた竹を削って使い、紙は八女手漉和紙で、墨で模様の下絵を描き、自然素材の食紅で彩色をします。
現在では、孫の義博さんと日出子さんのご夫妻が作り伝えています。

長崎凧 〈大守屋〉 長崎県

長崎県では凧を「ハタ」と呼び、江戸時代より400年続く風俗文化です。凧というと正月の遊びと思われがちですが、長崎では3月〜5月の春風(南西の風)にのせて高く揚げ互いに切り合う喧嘩凧です。しかし、高く揚げればどこまでも高く揚がる縁起の良い凧です。
長崎凧の紋様は赤、藍、黒3色の色染め和紙を使ったきり紙細工で、オランダ船の船旗や信号標識旗をシンプルにデザイン化したものが多く、様々な紋様で長崎県の特色を出しています。
※こちらの凧は飾り用です。実際に揚げられませんのでご了承ください。

こま・けん玉 〈蔦屋〉 山形県

蔦屋は、山形県米沢市にある木地玩具店です。大正13年に初代蔦作蔵が小野川温泉でみやげのつた屋を開業し、二代目蔦衛が木地玩具を復活させ、木地玩具蔦屋で木地玩具を製作しています。三代目蔦文雄はコンクールで数々の賞を受賞し、ユーモア溢れる木地玩具を残しています。 東北は木材が豊富で、数多くの玩具が作られており、どれも趣向にあふれるものです。重量が軽く、さらに加工もしやすいことから、子供の玩具としては最適です。

仕掛けこま 〈ティーエム商会〉 宮城県

仙台市、伊達政宗記念館の一角にあるお店です。もともと電気屋さんをしていた我妻さんが、地元でろくろの機械を売っていたところ、周りの職人さんにすすめられ、独楽を作るようになったのが始まりです。弟子入りをせずに独学で作ってきた我妻さんの独楽は、独創的な面白い動きをするのが魅力です。

民芸けん玉・こま 〈博進社〉 神奈川県

博進社は、高い技術力からゆがみの少ない競技用けん玉の制作で有名です。他にも、回すとその残像が富士山のように見える透明独楽(特許製品)も人気があります。

UP